福岡の通信制高校は評判は20年前と全然違います

私の通信制体験

私の通信制体験 | 勉強は苦痛だった | 今の通信制がうらやましい!

私が高校生だったのは20年以上も前の話。
体験談を語ると言っても、今とは何もかも違うし、今と若い世代の方には何の参考にもならないとは思いますが、昔話としてお聞きしていただければ幸いです。
当時地元福岡の商業高校に通ってたのですが、担任の先生からのイビリが酷く、自然と学校から足が遠のいていました。
その後、家が貧しかったこともあり、妹の学費を貯めるという名目で学校を辞め、近所の倉庫会社で働くことにしました。
その倉庫会社も若気の至りで3年ほどでその仕事を辞めて、別の働き口を探そうとしたのですが、やはり高校中退ではなかなか良いところは見つかりません。
そこそこ貯金はあったので、働きながら行けば学費くらいは払えるだろうと、一旦高校に通い直そうと思いました。
当時は通信制の学校は少なく、定時制の方が断然多かった時代です。
が、この時代はヤンキー全盛期だったので、定時制学校など怖くて行ける気がしませんでした。
ちょうどその時期に開校した通信制高校があることを知ったのですが、今のインターネットが普及した時代とは違って、その高校の何の評判も聞いたこと無かったですし、本当にあるのかすらもわからない状態でしたので、調べる段階で辞めたくなりました。
学費は年間数万円と思った以上に安かったことを覚えています。
卒業後に通った専門学校では入学だけで数十万ほど払ったことを考えれば全然安いです。
今はいろんな選択肢があるので、学費に関しても数万円から数十万かかるところもあるようですが。

勇志国際高等学校は、全国どこにお住まいの方でも入学することができる、広域通信制高校です。

4月からの入学希望者、受付中です。

進路でお悩みの方、お問い合わせください。
https://t.co/BUMcR3VZ0P #勇志国際 #広域通信制 #進路 #不登校 #起立性調節障害 #高校卒業 #熊本 #福岡 #千葉 #東京

— 勇志国際高等学校 (@YushiKokusai_HS) 2018年3月19日

通信制高校 福岡通信制高校のヒューマンキャンパス高校